泊周辺の歴史散歩

03若狭・久米周辺の旧跡

  • ①波上宮

  • ②戦没学童慰霊の塔

  • ③記念館

  • ④天妃宮跡

波上宮

波上宮

この地は古来より「ニライカナイ」への祈りの聖地でありました。諸外国との交易基地であった那覇港の出入りの船は、その都度、波上宮の鎮座する高い崖と神殿を望み、航路の安全を祈り、感謝をささげたといいます。

人々は大漁と五穀豊穣を祈念し、毎年正月には国王自ら列を整えて参拝し、国家の平安と繁栄を祈るなど、崇敬を集めました。 波上宮は、琉球八社の第一位であり、「当国第一の神社」と崇敬された。明治23年には官幣小社に列格、沖縄総鎮守としてふさわしい社殿、神域となりましたが、先の大戦で被災・焼失しました。
戦後、昭和28年にご本殿と社務所が、昭和36年には拝殿が再建されました。平成5年 平成のご造営により、ご本殿以下諸社殿が竣工。平成18年那覇市史跡文化財に指定されました。


那覇市若狭1丁目25番11号
泊ふ頭地下駐車場から徒歩20分

戦没学童慰霊の塔(小桜の塔)

戦没学童慰霊の塔

1944(昭和19)年8月22日、沖縄からの疎開学童約800人を乗せた日本の貨物船「対馬丸」が、長崎に向かう最中に、アメリカの潜水艦「ボーフィン号」の魚雷3発によって撃沈された。
当時、対馬丸には「学童を含め約1800人が乗っていた」とされていますが、そのうち生存者はわずか280人程度、うち学童疎開者は60人ほどでした。

戦没学童慰霊の塔(小桜の塔)は、対馬丸遭難学童遺族会によって、昭和28年5月5日建立(昭和34年6月9日移設)された。


那覇市若狭1-26-5(旭ヶ丘公園内・護国寺となり)
泊ふ頭地下駐車場から徒歩20分

記念館

記念館

1997年(平成9年)12月科学技術庁 海洋技術センターによって海底に横たわる“対馬丸”が発見された。遺族は遺骨収集と船体引き上げを政府に要請したが、引き上げは不可能との回答を受けた。
その結果、船体引き上げに変わる“遺族慰謝事業”として全額国庫補助による「対馬丸記念館」を建設。撃沈から60年後の2004年(平成16年)8月22日に開館した。


那覇市若狭1-26-37
泊ふ頭地下駐車場から徒歩20分

天妃宮跡

天妃宮跡

「天妃」とは航海安全の守護神「媽祖」の事。10世紀後半、中国福建省に“媽祖”と崇められていた女性がいました。その死後いつしか航海の安全を守ってくれる神として、中国南部の沿岸地方で広く信じられるようになり、明の皇帝は媽祖に「天妃」という称号を与えた。

沖縄には14世紀の終わりごろやって来たと云われる久米36姓と共に、天妃を祀る信仰も伝わってきたそうです。

天妃には上天妃宮と下天妃の二つがありましたが、現在残っているのは、上天妃宮の石門だけです。石門の石垣は布積みからあいかた積みが用いられています。


那覇市久米1-3-2